香々地地区で早どりひじきの加工を始めました!

H26年度の求職者向け講座「山里海まるごと活用技術習得講座」で海産物の実演にて披露した「早どり

ひじきの加工」を、本日 香々地(かかぢ)地区の漁師さんが1年がかりで始めました。

 

大きな鍋に薪でグラグラ水を沸かしてひじきを茹でている光景、ちょっぴりうれしくここに報告します。

 

講師を務めていただいた竹田津さんも、いろいろとご指導されていました。雲一つない青空の下、

ゆらゆらと立ち昇る煙を見てるとのんびり気分(私は見てるだけでしたから)、でも皆さんは汗だくになって頑張っていました。

 

茹であがったひじきは数日天日干し乾燥してから袋詰めされます。近々市内・近郊のお店で香々地産の

早どり乾燥ひじきを手にできるようになります。目にした時には、ぜひ手に取り、よろしければご賞味ください。

早どりひじき実践に移っていただいた香々地地区の漁師さん、漁協の皆さん、どうもありがとうございました!

 

(事業推進員 ふじた)